ニュース

2017.09.07

「ストローベリーフィルズ」の物語

「ストローベリーフィルズ」の物語

「5人目のビートルズ」とは、4人の正式メンバーに準じる立場にいた人達。その人数のせいか、5人目のビートルズ達だけでバンドが作れてしまえると言われてきました。
ザ・ビートルズの過去を辿り、ジョン・レノンが育った田舎町のリバプール、ウールトンの育児院から名前が取られた「STRAWBERRY FIELDS FOREVER」とも似たような立場です。

これまでにない、55時間のスタジオタイムと15回のリメイク後(そのうち9曲のみが完成)、「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」とその後にシングルが引き出されました。それは、最終的には13部の名作の14曲目とみなされるようになりました。

ペニー・レーンも含めA面として1967年2月に早期リリースされたにもかかわらず、このトラックは革命的なミュージックビデオのおかげで、60年代のマインドを表しています。

ニューヨーク近代美術館が最も影響力のアルバムとして讃えた。それに加えて多くの人にとってザ・ビートルズの新しいスタイルを見る初めてのチャンスでした。ザ・ビートルズはそれまで着ていたお揃いのデザイナースーツを脱ぎ捨て、ミリタリーチュニックやサイケデリックなペイズリープリント、そしてヒゲも加えて登場。

ファッション・コメンテーターであり、著者でもあるERIC MUSGRAVE (エリック・マスグレーブ)氏は、「その外観は、当時のロック・ファッション・エリートを代表していたが、ビートルズはその先駆けとなっていた。 彼らはアンチ・ファッションにしようとしていたが、アンチ・ファッションを流行らした。」とコメント。


半世紀はかかりましたが、2017年6月にリリースされたアニバーサリー・エディションの「STRAWBERRY FIELDS FOREVER」はついにグラミー賞を受賞。そして永遠に最もオリジナリティが高く独創的なレコードの1つとして生き続けています。

PRETTY GREEN X THE BEATLES COLLECTIONはこちらから